GoogleとYahoo!の強力ツールを駆使しよう!

SEOを実施する際積極的にサイトマップファイルを登録するには

次のように指定されていたとします。Sitemap:http://www.example.com/sitemaps.xmlこのように指定されていると、クローラはsitemaps.xmlをダウンロードします(sitemap,xm1ではなく)。ファイル名は覚えているからと手で入力すると、かつて犯した入力ミスを無意識に修正して「sitemap.xml」と入力することがあります。さて、このように記述したrobots.txtを置くと、次にクローラがアクセスしてきたときにXMLサイトマップも利用してくれるでしょう。

検索エンジンに通知する方法。本書で強調したいのはこちらの手段です。いくらrobots.txtに書いても、それはクローラがダウンロードしてくれなければ意味がありません。おそらくダウンロード/クロールはしてくれるでしょうが、SEOを実施する担当者としてはより積極的にサイトマップファイルを登録したいでしょう。Googleウェブマスターツール、Yahoo!サイトエクスプローラーはその希望に応えてくれます。

具体的な方法は、この直後にGoogleとYahoo!のサイトツールをまとめます。まずアカウントを作るところから順に説明していきましょう。XMLサイトマップの使用法は、robots.txtに記述したうえでクローラにダウンロードしてもらうのが通常の方法です。しかし、GoogleとYahoo!では、そのサイトマップを登録する機能があります。これは、各サービスのWebサイト管理ツールを使います。Googleは「Googleウェブマスターツール」という管理ツールが、Yahoo!には「Yahoo!サイトエクスプローラー」という管理ツールがあります。これらのサイトツールを使ってサイトの全体像を検索エンジンに伝える方法を紹介しておきましよう。
いたちごっこの検索アルゴリズムの解析に大変な苦労をお掛けしている企業を見かけます。そんなロングテールSEO対策は、私達にお任せ下さい。専門家の集団がリアルタイムに対応しています。


ユーザが多く存在していると考えられていました。そこで、資料請求や将来発注を行ってくれるユーザを集客するために、GoogleでのSEO対策に焦点が当たりました。SEO調査しtc結果。SEOの観点からサイトを調査した結果、ナビゲーションの構造に問題点があることが判明しました。その問題点はサイト内リンクを獲得しにくい状況にあり、Googleから低評価を受けていることが発覚しました。

当時のナビゲーションは、メインカテゴリを軸に各サービスがフォルダ毎に分岐し、そのサービス毎に独立したローカルナビゲーションを採用していました。このローカルナビゲーションを採用していることによって、サイト内リンクの獲得が至らずGoogleの順位がでていなかったという状況でした。

What's New
2013/09/10 注目情報を更新しました。
2013/09/06 新着記事を更新しました。
2013/09/05 施策とその効果を更新しました。
2013/09/02 サイトボリュームを更新しました。
2013/08/31 サイトエクスプローラーを更新しました。
2013/08/29 ウェブマスターツールを更新しました。
2013/08/28 SEOを実施する際積極的にサイトマップファイルを登録するにはを更新しました。
2013/08/25 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
高品質×低価格のSEO対策サービス ハイバリューSEO全日本SEO協会公式サイト猿でも出来るSEO対策
ハイバリューSEOは、低価格で検索順位をグッとあげる効果的なサービスをご提供します。SEO対策セミナーや、ホームページ運営セミナーなどを実施。最新のSEO対策の情報を知りたい人に。猿でも出来るSEO対策なので、人間はもちろんできるはずです。初心者向け最短ノウハウを教えます。